14話「テン」





【とある社員の懺悔にも似た告白】

 被検体A-01?ああ。憶えているとも。忘れる筈がないよ。

 彼女は最初にして最高のAタイプの被検体だった。戦闘能力もとい身体能力を少し上昇させリミッターを解除することで能力を最大限にまで引き出し、尚且つ科学とは程遠い部門の……そう、魔人との契約をも可能にした!あれはもう人類をも超えた素晴らしい作品だ!……とね。
俺の仲間はそう言ったんだ。けれど俺はそうは思えなかった。A-01通称、エーネには、本人の人格を無視した洗脳が行われていた。俺はエーネのことをよく知っていたからそう思うだけなのかもしれないが、研究、人類の進歩を理由にしてそのようなことをしていいのかと思ったよ。研究所の為だけに生まれ、そして利用された子供。周りの奴らは自分の知的好奇心を満たすことばかり考えていて、被検体のことなど人間の姿をしたモルモットくらいにしか思ってなかった。だが、俺には割り切ることができなかった。

 そう。L-06もそうだ。忘れられない。ああ、AやLと言うのは部門のことなんだ。……そうか丁度L-06のことも聞きたかったのか。なら話そう。
 L-06……ルクスと呼ばれていた。彼はちょっと有名でね、ルクスは記憶に関する被検体だった。人間の記憶も消したり上書きしたり出来るのかってな。研究を続けていた室長は、どうやったのか記憶のデータベース化に成功していた。数部門結託して壮大な計画さえ練り上げてた始末さ。
 俺はそんなメインな仕事をしていなかったから、計画については良く知らない。計画の話も噂に聞いた程度で詳しくは知らないさ。そう、ルクスを見たのもたった一度。実験室を二階から覗くことのできる窓からだ。それはもう。酷かった。人間を興味深いモノとしてしか見ることのできない研究者が近づく度、物凄い悲鳴を上げて暴れようとするんだ。今も耳にこびりついている。かわいそうで見ていられなかったよ。
 そのうちとうとうおかしくなって事件は起こった。ルクスが研究所内の人間の大半を殺してしまったんだ。計画に必要だったメインコアが破壊され、先駆者だったL部門の室長が殺されて修復不可能。……全くどうしたらあの小さな子供がこんなことできるのかは疑問だけどな。まあ、人づてに聞いたから本当はこんなんじゃなかったのかもしれないが。……ああ、俺は丁度その時いなかったんだ。本当だぞ。だから今ここにいるんだ。
 ああ、続きか。ルクスは何処かに行ってしまった。まあ長くは生きられないと思うけどな。
 エーネも失い、あの仲間は嘆いていたよ。彼等から学べることはまだまだあったのにどうしてこんな惜しいことを!って。けれど、俺はやっぱりそんなことは思えなかった。長く研究所の被検体だった彼等に自由になりたいと言う意思があったのかどうかは分からない。けれど最期に自由になれて良かったとさえ思う。
 ああ、そうさ。俺の自己満足。だけどいいんだ。これ以上彼らを悲しませたくない。彼等の同胞を苦しませたくない。俺が今でも研究所で働き続けている理由はそれだ。向いてない。分かっているけどね。
 エーネやルクス。そしてリェルブやミクスみたいな悲しい子供達を増やさない為に俺はここにいる。……悪いか?……そうか。変わってるな君は。

 それにしても、俺にこんなことを聞いてどうするんだ。エネミ・リラウィッチ。

             ◆◇◆◇◆

【地下牢】

 彼の意識は混濁していた。何が夢で何が現実なのか分からない。
 すすり泣きと共に、子供の声が聞こえる。

 お母さん、お父さん、どこにいるの?

 帰りたい。家に帰りたいよお……

 暗い、寒い、怖いよ……

 ねえ。父さん。どうして僕を愛してくれないの?兄さん達も。僕だけ、どうして?どうして母さんはいないの?……どうして?

 少年が蹲って泣いている。冷えた料理の乗った皿が無造作に床に置かれ、ピアノだけがある質素な部屋の隅で少年が静かに泣いている。

「うっううっ、おかあ、さあん……」
「おい」
「ひっ」
「いつまでも泣いてんじゃねえ。取ってやるから」
「ん、んん……ありがとう……」
「俺が助け出してやるから、もう泣くなよ」
「うん……!」

 アーサーは泣きじゃくる子供達を一人ずつ宥め、目隠しや手の縄を外していく。
 ここは暗い牢獄のような場所。『悪魔』に連れ去られた子供達が捕まっている場所である。人数はざっと十人程。
 縄を外すアーサーの手首は僅かに腫れているものの、なんとか自分で外したようだ。

――それにしても、子供の泣き声ってのはどうしてもだめだな。
 混濁した意識の中で、不意に自分の暗い部分がフラッシュバックした彼は、振り切るように軽く頭を振る。
「ねえ。それ、痛くないですか?」
「へ?」
 突然に、子供の中でも一番上に見える少女が、肩越しに声を掛けてきた。不思議なのは彼女が拘束具を付けていないことだが、それよりも外見が特徴的だった。きょろりとした大きな瞳、ほぼ死んだ表情、ぼさぼさとした金の長い髪で白いワンピースを着ていた。こんな場所でありながらやけに落ち着いた佇まいが、見た目と相まって現実離れして見える。彼女はアーサーの手元を指さす。
「それです。手」
「あ、ああ。大丈夫。大したもんじゃねえ」
「ふうん。そっか」
 満足したように少女は離れていく。強く感じた違和感に、アーサーの不快感ゲージは上がっていく。

 アーサーは気を取り直し、今度は戸を開けることに専念する。
 ピッキングなどという芸当はできないが、何とかしなければ。このままここにいてはどうなってしまうやも分からない。武器のコールブラントは奪われてしまっているが、幸い懐のナイフは無事だ。錠は金属。やはり無理があるか……
 そんな時、不意に腕を掴まれる。見上げると先ほどの少女。
「もしかして、出たいんですか」
「ああ、そりゃそうさ」
「なら早く言ってくださいよ」
 何を、とアーサーが返す前に、じゃらりと少女は懐から鍵を取り出す。
「私が開けてあげますよ」

             ◆◇◆◇◆

「……」
 コツリコツリと自分達の足音だけが響き渡る、人気の無い廊下をアーサーと子供達は歩く。
 アーサーの隣の白いワンピースの少女。鍵を開けてはくれたが、アーサーはまだ彼女のことを警戒していた。それもそうである。鍵を持っているということはここの関係者ということであるのに、彼女は自ら牢獄に入り、そして捕虜の脱走の手助けをしている。
 彼女は怪しいが、と言ってもアーサーは彼女を頼る以外他に方法が無かったのである。
 思わず凝視していたアーサーの視線に気付いた少女は、こちらを向く。
「こっちなら今は誰もいませんし監視も行き届いていないので安全ですよ」
「ああ。それはありがたいんだが。……君はどうして俺らを助けんのかって思ってな」
「君、なんて丁寧な呼び方はやめてください。私の識別コードはM-06-10。テンと呼ばれています」
 まるでペットに付けるかのような名前を名乗る少女テン。テンの話したものは聞き慣れない単語で、アーサーにはほとんど頭に入って来なかったが、彼女の首から下げているプレートに書いてあるものと同じものだと分かった。あと、明るい所で見て初めて気が付いたのだが、少女は黒く太いリングを首に付けていた。それが白い肌とのコントラストで目立って気になってしまう。
「何故あなたたちを助けたのか、私には分かりません」
「……」
 テンと名乗った少女は目を伏せる。
「私はクローンなんです。どこの支部にもいるM-06シリーズ、その中でも私はこのオラルト支部のクローン。替えなんて幾らでもいる。私はいてもいなくても一緒なんです。何かをする意志が薄いから、余計なことをしないだろうと、どこで何をしていても気に掛けられないんです。だからでしょうか、私、自分の意志で何かをしてみたかったんです。私だってちゃんと……」
 テンは呟いた後、気付いたようにアーサーの方を見て弱々しく微笑んだ。
「あ……こんなこと、あなたに言っても仕方ないですね」
 本当は、情けや情なんて抱く筈も必要も無い。けれど、その笑顔がふと誰かに似ている気がして、何となく、放っておけなくなったのだ。掴みどころがなくて、どこかよそよそしい人物に。
「クローンだからって関係ねえだろ」
「え」
「お前はお前だろ。人間に替えなんて利かねえよ」
「……!」
 テンははっとして立ち止まる。強く握り締めた手と強く結んだ唇、潤んだ緑の目をきゅっと閉じると一粒涙がこぼれ落ちた。
「ほんと、ですか?無数のクローンの一つ。親も、いないのにっ……」
 一つ、また一つと雫がこぼれ落ちる。
「私がおかしいなんて、気付かなければ良かった。それなら私も他の子達とおんなじ、普通でいられたのに……!」
「お前……」
 しゃくり上げるテンに、ついて来ていた子供の一人が近付いて無言で抱きついた。
「……お姉ちゃん、おかしくないよ」
「……ほんと……?」
 その一人を始めとして、気付けばその場にいた子供全員がテンの傍に寄ってきていた。戸惑いの表情をアーサーに向ける。
「親がいないのはクローンだからだけじゃなくて、そんなやつもたまにいるさ。俺とかな」
 抱き着いていた男の子がアーサーの方を振り向く。
「お兄ちゃんも一人なの?」
「いんや、一人じゃねえ。向こうに仲間がいるからな」
「なかま、って、何ですか?」
 初めて聞いた単語でも話すかのようにテンはゆっくりと発音した。もしくは実感が無いのか。
「お友達だよー」
「おともだち?」
「うん。お姉ちゃん僕とお友達になってよ」
「え……?いいんですか?」
「うんっ帰ったら一緒に遊ぼうね。約束だよ」
 男の子はテンに小指を差し出す。テンはきょとんとしてその指を見つめた。
「?」
「指切り」
「指を、切るんですか?」
「違うよ。こう」
 テンの小指と自分の小指を絡め、男の子は歌を歌う。
「指切りげんまん嘘ついたら針千本のーます。指切った!」
「ふふ。怖いですね」
 テンから笑顔が溢れる。
「あー!ずるい私も!」「俺もー!」
 次々にテンと約束を取り付ける子供達。その中心のテンは幸せそうだった。
 ここがこんな場所でなければ良かったのにと思う反面、悲しみの中にいた少女の笑顔を見て、アーサーは微笑ましくも思っていた。

             ◆◇◆◇◆

【研究所内 便利屋の女と支部長】

 ここはイコ=オラルト支部研究所。イコと呼ばれる会社によるイコの為の研究施設。最も、ここオラルト支部は現在ある計画のためだけに使われていると言っても過言ではない。
 『Lタイプ計画』
 この計画の内容、それは記憶領域実験で完成されたものの、直後破壊されたとある装置を復元し、被検体をリンクさせるという計画である。

 そんなオラルト支部の支部長は、目の前の人物の話に感嘆の声を漏らす。
「ねえ?すごいと思いません?腕が無くても髪の毛で戦うなんて聞いたことないわよぉ」
 どこかハイな女性、リンは、一方的に話し続ける。
「それにしても残念ねぇ。買い取ったのあの男でしょう?全く残念だわぁ」
 べらべらと話し続けるリン。その時リンは突然左足に右足を引っ掛けて転んだ。
「あららー全く、恥ずかしいわぁ」
 手を差し伸べ屈んだ支部長に、リンはこっそり耳打ちをする。
「誰か付けて来てるわよぉ」
 そしてまた立ち上がり歩き出す。
 リンは支部長にアイコンタクトを送るとすぐさま行動に出る。
「ねえ。そろそろ出てきなさいよぉ……っ!」
 小さなドライバーを横に薙ぐように投げる。それは曲がり角の床に突き立った。
 現れたのは青年。白と黒を基調とした服を着ており、一目で教団員と分かるものだった。
――チッ……白黒か
 その手には拳銃が握られている。そして容赦なく二人に向かって発砲した。
「あっぶないじゃないのお!」
 弾丸の一つが支部長の膝に命中し、彼はうずくまる。対してリンは寸前で横に跳ねて避ける。しかし、顔色一つ変えずに撃った青年の追撃が、正確に彼女の左足を貫く。痛みに動きが止まったリンの右足に、容赦無く銃弾を撃ち込む。立っていられずにリンは崩れるようにして倒れ込んだ。
 青年はゆっくり支部長に近付く、それだけなのに、何か気迫のようなものを感じた支部長は、何も言われていないのに震える手で鍵を差し出した。しかし、隣のリンは黙っていなかった。銀の針を取り出そうと懐に手を伸ばす。
「ったく何やってんのよおおおおおっ……ぐっ、かはっ」
 蹴り上げた青年のブーツの硬いつま先は、リンの鳩尾に重い衝撃を与えた。針を取り出す間もなく彼女は気を失った。
 青年は鍵を分捕るようにして手に取ると、震える支部長の横を素通りして、肩越しに倒れた女を見ながら冷徹な言葉を吐く。
「俺の邪魔をするからだよ」
 そして邪魔者のいなくなった通路を青年は駆けていった。

             ◆◇◆◇◆

「ありましたね」
「ああ」
 テンが鍵を開けた部屋に置かれていたコールブラントを手に取り一度振ってから背負うアーサー。
「変なことはされてなかったみたいだな」

 再びテンの先導する道を歩いている時、テンはふとアーサーに名前を聞いた。
「今更かよ」
「はい。何となく聞いておかなければいけないような気がして」
「何となくな……」
「はい。……?」
 そう言った直後、テンは歩く向きを変えた。
「?」
「安全なルートを選んでいたんですが、何かが起こってるみたいで……」
 暫く歩いた後、テンは小さな人なら通れるくらいのダクトの鉄板を外し、ここを使って脱出するように言った。
「ここなら確実で安全な筈です。エルフォードさんは通れないですが」
「ああ。取り敢えずこいつらだけでも逃がしたいからな」
 次々に這行してダクトに入っていく子供達。最後に残ったのは、最初にテンと指切りを交わした男の子だった。
「ねえお姉ちゃん。大丈夫だよね」
「はい。恐らくは。出口の空いた、安全な外に繋がっています」
「そうじゃないよ。お姉ちゃんも、後からちゃんと、来るよね?」
 心配そうに見つめる男の子。テンは僅かに微笑んで言った。
「はい。約束しましたから。針を千本飲むなんてできないですからね」
 男の子は良かったと言わんばかりのほっとした表情を浮かべる。
「お兄ちゃんもちゃんとまた会おうね」
「ああ、忘れられてるのかと思った」
 そう言い指切りを交わし、彼は闇の中へと消えていった。

 歩きながらテンは呟いた。少し、俯いて。
「私、みんなとの約束、破っちゃうことになるなあ」
「……本当か」
「はい。私はここから出れません。それに、もし出れたとしてもそんなに長くは生きられないと思うんです。私のオリジナルであるクローンを含めて複製は寿命が短いんです」
「クローンのオリジナル?」
「クローン研究では、別部門の被検体からクローンを作って、成功したものの複製を行ってるんです。今の所それが6番のみなんです。無論、オリジナルだって成功したとは言い難いんですが」
 クローンだとかオリジナルだとか、普段アーサーが聞き慣れない単語ばかりで少々混乱していた。ここはおかしい。奇妙で現実離れしている。

 知らなさそうな単語を出して、アーサーの気をそらすことに成功したテンは、さて、と話題を変える。
「さて、エルフォードさんを出す方法ですが」
 壁に付いたガラスから、一階の様子が見えた。警備員達が倒れている。
「丁度良かったみたいですね」
 その時サイレンが鳴る。
「正面から出るしかありません」
 施設中を照らす赤いランプと警報の鳴る中、廊下の向こうから警備員が追ってくるのが見えた。
「ど、どこが丁度いいんだよ!逃げるぞ!」
「あ、」
 棒立ちのテンを脇に抱えて二人は逃げた。
「は、走れます!私だって!」
「そんな細い足でこんなに早く走ったら折れちまいそうじゃねえか!」
 正面のガラスの扉は硬い鋼鉄で覆われた。

「エ、エ、あのっ……!」
「どうした」
 走り、息を切らしながらテンが言う。
「エルフォードさん、は、私と一緒にいては駄目」
「は?」
 突然、掴まれていた手を振り解き立ち止まる。
「エルフォードさんは、向こうに、仲間という大切な人達がいるんでしょう」
 テンの言葉に違和感を感じた。
 懐から取り出した鍵を使って、彼女は近くの窓を押し上げる。強い風に長い髪を揺らしながら、テンはこちらを見た。
「だから、帰って会うべきなんです。私と違って、」
「何言ってんだ、お前も……」
「そんなことできない!」
 激しく叫んだテンは首を振り、顔を覆う。そして本音を呟いた。弱々しい声色で、泣くようなか細い声で。
「私だって、外に出たい。色々なもの、知りたい、見たい……。でも、やっぱり、無理な話なんです。この首輪がある限り――」
 テンがふと指の隙間から、廊下の向こうに立っている人物を捉えた。彼の伸ばされた右手に収まっているのは銃。
「危ない!」
 銃声と共に、テンはアーサーを窓から外へ突き飛ばし、自らは前方に倒れ込む。すぐ下に湖があることを知っていたのだ。そっと、落ちていくアーサーに言う。
「この高さならばきっと、大丈夫です。さようなら」
「テン!」
 ボシャリ。
 彼は冬の冷たい水へと吸い込まれた。
「随分と余計なことをしたようですね、M-06」
「……私は十番クローンです」
「おや、これは失礼。いえね、私には全部同じに見えてまして。ところであなたは今何をしましたか、それは誰に指図されたのですか」
 丁寧な口調で話してはいるものの、彼にはどこか、正直に全てを話さなければいけないようなものがあった。そして銃口は向けられたままだ。
「……私は裏切ったんです、研究所を、私の意志で」
「ふむ。順調ですね」
「え……?」
 戸惑うテンなど見えないかのように、男は銃を仕舞うように、ズボンのポケットに手を入れ、話し続ける。
「それにしても、あなたはこの研究所としては大変なことをしてくれました。まあ、とても興味深い事象であり、私にとってはなんでも構わないのですけど、所長が言うのなら仕方ないでしょう」
そう言いつつ、ポケットに手を入れたままの男に、テンは何かを感じ取る。その瞬間、彼女の顔は真っ白になった。
「もしかして」
「無駄ではないのですよ。あなたは選ばれたのです」
 よたりよたりと怯えてた顔で男に近付いていく。
「待って、まって」
「命が惜しくなったのですね。いや、本当に良い傾向です」
「いやっ、いやあああああああああああああっっ――」
 断末魔の上がった直後、彼女の首元を中心に、鮮やかな赤が咲いた。白い床や窓を濡らし、糸の切れた人形のように崩れ落ち、首がごろりと転がった。かつて首にはめられていた重い首輪が、男の足元まで転がると、派手な音を立てて倒れた。
 そんな惨劇を目の前にし、自らも服や顔を濡らしながらも、男は全く動じずに足元の首輪を拾い上げると、ふむと顎に手をやった。
「片付けが大変ですね。これも考え物です」

             ◆◇◆◇◆

 冷たい、身を刺すような冷たさが全身を襲い、着水の衝撃に思わず肺の空気を全て出す。まとわりつく制服が自由を奪い、背負った無駄に重い武器、コールブラントが錘となって湖の底にアーサーの体は沈んでいく。きつく縛り付けた紐を緩めて武器を体から離そうにも、何故か緩まらず彼は為すすべを失った。
 霞む視界の中の太陽に手を翳し、何が大丈夫だ、と突き落とした少女に悪態付く。その時、あることに気付いた。周りの水が、僅かに渦を巻いていることに。
(っ!?)
 その渦はすごい力でアーサーを水面へと押し上げた。 取り敢えず酸素を得たアーサーは、近くの岸へと這い上がる。
「はあっ、はあっ……はあっ……はあ……はあ……ごほっ、ごほっ……くそ、少し肺に入ったか……」
 咳き込み、肺に痛みを覚えながら振り返り湖を見つめる。水面は驚くほど穏やかだった。
「何だったんだ今のは」
 疑問に思うことはあるものの、気を取り直し、アーサーはコールブラントを背負い直す。その時彼はふと気付いた。
「もしかして……」
『湿度の調整だよ。分かるかい、その武器は元々水を出す武器、つまり湿度を操る武器な筈なんだ』
 一番帯隊長の言葉が蘇る。湿度が直接水を操ることに関連するかは分からないが、限りなく近いだろう。
「お前が助けてくれたのか。ありがとな」
 背中に語りかける。寡黙なコールブラントは黙ったままだった。
 代わり、と言っては何だが、直後アーサーが聞いたのは思わぬ声だった。可愛らしい、戦場には似合わぬ少女の声。
《聞こえてますか、アーサーお兄さん!》
「トーレ!?」
 辺りを見渡しても人影も、人の気配もしない。けれど確かにはっきりと聴こえてくる。
《事情は後で説明します!取り敢えず今は私の指示に従ってください!》

             ◆◇◆◇◆

 白い部屋。しかし真っさらという訳ではない。何度赤く汚しても、綺麗に拭き取ってこの白は保たれているのだろう。この白にはそのような不気味さがあった。
 部屋には様々な機材がある。そして部屋の中央には、台に載せられた人間と、それを愛おしく見下ろす白衣の男。真上から光を注ぐ無影灯の逆光で、男の表情はよく見えない。
 台に乗せられた人間の肌は無影灯に照らされ白く輝いている。一糸纏わずに明かりに素肌を晒している人間は女性。変わっていることといえば、その人間の両腕が欠損しているということか。二つに結われた黒髪が、台から長く垂れ下がっている。
 白衣の男は、彼女の黒髪を手に取り、ぱらぱらと落としては感嘆の声を漏らす。

「はあ……ああ……帰って来てくれるとは思わなかったよ」

 この後彼が口にしたのは、かつての“最高のAタイプの被検体”の愛称だった。

「ああ。エーネ……!」

 そして彼は、器具の中から1つ、鋭利なハサミを取り出して、結った髪の根元に当てる。ぞくぞくと、恍惚な表情を浮かべて彼は、迷いなくその刃を下ろした。
 バツン。と、切られた髪が、はらはらと床に落ちる。その時である。少し遅れて断末魔のような叫び声が上がった。

「いや、いやああああああああッ」







15話へ



 BACK TO TOP