本編→リンク

用語解説等

●教団

ヴァルニアに本部を持つメルデヴィナ教団のこと。tMOTとも。元は宗教団体、テトロライアの教会だったが、悪魔勢力が台頭するにつれ、宗教から切り離された独自の対悪魔組織となった。別の教会とは縦ではなく横に繋がっている。悪魔との戦闘だけでなく、治安の維持にも貢献している。
トップは団長そして団長補佐参謀、その下にテトラールキがいるが、パトロンの関係で団長が好き勝手できないのが現状。現団長はテトラールキの上に極秘部隊ガーディを置いている。
テトラールキとは広い世界を4つに割って、そこにそれぞれ配属された中でのトップの人間のこと。区域は東西南北に分けてある。

1〜4番隊までで構成されているエクソシスト隊、5以降の一般隊による戦闘員と、教団の事務仕事をメインに行う文人が僅かに存在する。
制服に関する資料

●エクソシスト

魔魂武器を扱える教団員のこと。一般的に1番隊から4番隊にまとめられている。
人数も少なく貴重な人材。ただしその副作用で寿命が短いことが多く、エクソシストには若年者が多い。
不思議な力を操り、悪魔を払うように人々の目に映ったため、そのような名前が付いた。
団長やテトラールキはエクソシストから選出される。
厳密に言うと、教団に所属していない武器使いはエクソシストではなく手品師、マジシャンエクソシストと呼ばれる。

●マジシャンエクソシスト

本来いるはずのない、「宗教的・概念的 悪魔」の存在やそれに関係する事件を取り扱うエクソシスト。認められた職業ではない為、こう呼ばれる。なお正体は、ほぼ詐欺師、手品師である。
一部武器使いがいるが、教団がトクマに指定して強制的に連れ帰り教団の武器使いにしてしまうことが多い。(武器適合者は希少であるため)

●武器使い

魔魂武器を扱える者のこと。エクソシストの本来の名である。

●悪魔

人々のイメージにより、元は異様な姿形をした生き物を恐れ、こう呼んでいた。現在は人の形をしたものも多く確認されている。
人とほぼ見わけのつかないもの、異形の人のようなもの、人の形を成していないもの、大小様々いるが、まとめて悪魔と呼んでいる。学界での正式名称はディアモ・イレイア。
悪魔の種類から、3つの型に分けられている。1型低級悪魔。2型高知能人型悪魔。3型は1とも2とも当てはまらないもので、主に大型悪魔。
一般的によく知られているそれとは違い、実際にそこに存在している。見えない人がいるとかそういうことは無い。
人型(2型)は白髪金眼。耳が尖っているという特徴を持つ。
魔魂武器のような特殊な波を発している為人体に影響を及ぼす。その効果はほぼそれと同じ。
身体能力は高く寿命も長いが、体が弱い。薬物等に侵されやすい性質を持つ。
横のつながり、縦のつながり共に薄く、統率はあまり執れていない模様。
一部には比較的高度な知能を持つ悪魔によって組織されたグループがある。全体的に知性、特性がバラバラであるが、姿が人に近いものは大体上位であることが多い。
人知を超えた能力を持つものも存在する。

●魔魂武器

特殊な武器。彼らの話から元は人だったと思われる。魂の力が露出し結晶化したもの。
耐性が無い者が素手で触れると激しい拒否反応を起こす。武器やその人によって反応には個人差があるよう。(例:熔解、火傷)
適合する人間にはその声が聞こえる。姿も見えるが実のところ幻聴のようなものである。
概念や思い込み、使い手との相性に強さが左右される。なので大概の武器は本名ではなく分かり易い神の名前を名乗り、使い手とのイメージの共有を図ろうとする。
使い手は基本的に技を出す時に技の名前を声に出すが、それは武器に”宣言”をすることで、正しくその技を発動させるためである。慣れてくると無言で使用することが出来る。
教団本部にあるエンシェント・ルームにおいて武器の視覚的認識が可能。

●暗黒地帯

暗黒点とも。
世界中に点在する特殊な空間。大きさに大小あり。
電波が入らない、大体の機械が使い物にならなくなる、汽車が止まってしまうなどの理由で未開拓で放置されている所もある。
周りと隔絶されているので、古いままの文化や独自の風習が残っていたりする。
暗黒地帯という存在の影響で、世界中情報の行き来が少なめ。

●魔女

悪魔に加担する人間を指す。男でも女でも魔女。その中でも大きな組織として「レイズ」がある。魔女の全員がレイズ構成員というわけではない。
勿論教団の排除、規制対象である。

●トクマ(特別指定魔女)

教団が特別に指定する魔女。各国に規制の協力を仰ぐことができる。因みに、捕獲・討伐のどちらかは指定することができる。
大概は「メルデヴィナ教団にとって都合の悪い人物の排除」に使われるのだが、それは暗黙の了解である。
トクマに指定されたことのある人物の例 : ローセッタ・ノース、サズ・ホリー、エネミ・リラウィッチ

●研究社(PICO)

周辺や世界全体と比べても明らかに進んだ技術を持った集団。Past-International Creater's Organization
自分たちの知的営利を満たしながら、世界、教団などにそれを技術、薬、武器といった形で提供する。
教団のパトロンであるがその詳細は不明。

●テトロライア王家

テトラロライア王国の王家。首都はメインライア、教団本部のあるヴァルニアの隣。ヴァルニアはもともとテトロライア王家が持っていた土地である。
由緒ある王家騎士団は魔魂武器無しではやくから悪魔と交戦してきたようだが、教団勢力が大きくなるとその役割をほぼ失いかけている。
王女であるフローレンス・ヴィナ・テトロライアも武人として騎士団に所属している。

●便利屋

4人という少人数からなる小さな組織。
何から何まで全てを請け負う。
拠点は現在ルティア公国のマリュデリアにある。

●運び屋

。いつも一緒にいるバカップル。(思考回路が)
(ルートとケイト)便利屋に仕事をとられて常に金欠。のちに便利屋に居候することになり、彼らも便利屋となる。

●マザードール

悪魔達が拝み讃える存在。教団は直接姿を確認したことはないが、悪魔たちの口からよく「お母様」や「マザー」という単語が出るため、要注意点としている。

●アリア=レコード

アンリが夢の代わりに見る世界。定かではないが、彼の作り出した精神世界だと思われる。

●花(もしくは種)

マザードールと同様詳細は不明だが、一部の悪魔達が探しているもののようである。

●花守

花の話と共に口にされる。読んで字の如く花の守りをする存在。